アイテム名が入ります
ムシカットストロング
価格:3,790円+税~
有機栽培、無農薬、減農薬栽培に最適。 透光性、通気性に優れた防虫ネット。トンネル、ハウスサイドでも大活躍。
アイテム名が入ります
サンサンネット
価格:7,220円+税~

透過性、透水性・通気性に優れた、防虫対策の減農薬・無農薬栽培用ネット。
アイテム名が入ります
防虫ネット園芸用
価格:952円+税~

無農薬、
減農薬栽培に最適。
透光性、通気性に
優れたネット。
アイテム名が入ります
屋内用捕虫器
価格:18,857円+税

虫を誘虫ランプで誘引し、モーターファンと網袋で捕獲します。 インダクションモーター仕様で低騒音。
アイテム名が入ります
虫とり君
価格:1,600円+税

粘着剤で害虫を捕獲するので安全です。
農薬の低減にもつながります。


防虫ネットの特徴


 農作物を栽培する時に最も害を受ける原因が病気と害虫、害獣による被害です。その中でも害虫による作物の被害は常に起こる厄介な問題です。それを防ぐ方法としては農薬を用いて駆除する、もしくは農薬を使わないで防虫ネットを用いて虫の侵入自体を防ぐという事になります。ここでは農薬を使用しない方法である防虫ネットについて見ていきます。防虫ネットの特徴としては、網目の細かさが1mm四方以下で0.2mm単位で網目の寸法が有る事、防虫効果をより高める為にネットにアルミ素材などを折り込み、虫が嫌がるような処置をしている物が有る事、カーボンやグラスファイバーを織り交ぜて強度を上げている物など、使用する場面によって使い分けられる様になっている事が挙げられます。素材はポリエチレンが主です。そして、網目も害虫の小ささによって使い分けれる様に網目サイズが前述のように有り、目が細かいほど価格も高くなります。もちろん、細かい目に越したことは有りませんが、一番細かい目であれば0.2mm目ですが、それ以上の大きさの目でも防虫効果は十分有りますし、使用面積が多ければ費用が嵩む事になります。そして、目が細かい程、風の影響を受けやすく、空気の透過性が下がり、ネット内部の温度が上がりやすいという特徴が有ります。一般的に多く出回っている網目は0.8mm目ですので、そのあたりか、もう0.2mm目を狭くした0.6mm目程度がコストパフォーマンスに優れていると言えるでしょう。


防虫ネットの素材



 防虫ネットは、菜園などに設置して害虫を防ぐためのものです。畑に侵入してくる害虫を減らすことで、結果的に農薬の使用を抑えることができ、より無農薬に近い作物を育てることが可能になります。ビニールハウス用の大型のものから家庭菜園用まで様々な種類の防虫ネットが販売されていますが、選ぶ際には何でも良いというわけではありません。というのも、目の粗いネットでは一部の害虫に対して効果が出ずに被害が出てしまいますし、逆に目が詰まっているネットでは菜園を覆うわけですから日照や風通し等が悪くなる可能性もあります。結果的に害虫を防ぐことができても、日照や気温、湿度の関係で作物が満足に育たなくなるかもしれません。また、腐食する素材のネットを使用すると、気がつかないうちに大きな穴が開いて害虫を防げなかったり、作物に落ちて悪影響を及ぼすこともあります。
防虫ネットに主に使われているのは不織布です。耐久性があり、気温や湿度を調整しやすい素材です。ただ、同じ不織布でも使われている材質や網目、繊維の太さによって大きく異なります。虫が光の反射を嫌う性質を利用して、銀糸などを織り込んでいるものもありますし、燃えにくいものや中が見えにくいものなど、様々な特徴を持ったネットが発売されています。必ずしも高品質な防虫ネットを購入必要はありませんので、自分が育てる作物に影響を及ぼす害虫を調べ、それを防ぐことのできるネットを使用しましょう。


防虫ネットの種類


 防虫ネットはその名の通り、作物を害虫から守るためのネットです。利用するメリットとしては、農薬を使わずに害虫の被害を減らすことができるので、より安全な作物を育てることができる点や、一度設置すれば劣化するまで長期間効果があるため、経済的な点などが挙げられます。一方で、作物を覆ってしまうため、日照や気温、湿度などに影響を与えます。その結果、作物の出来が悪くなる場合もあります。従って、防虫ネットを選ぶ時は防虫効果が高いものをむやみに選ぶのではなく、作物の特性や防がなければならない害虫を把握した上で、適切なものを使用するのが効果的です。
防虫ネットは様々な種類があります。例えば、目合いが詰まっているものは多くの害虫を防ぐことができますが、光や風を通しにくくなります。そのため、素材を工夫したり繊維の太さや編み方を変えるといった方法で対応しています。銀糸や光に反射する糸を織り込んで、防虫効果を高めているものもあります。また、地域の特性を考慮して、特に光を通しやすいもの、通気性が良いものなど、防水性の高いものなど様々な防虫ネットがあります。大きさも、大規模なビニールハウス用から家庭菜園用まで幅広くありますし、その特性を生かして作業用の防止やパーカーなども作られています。自分の畑や菜園にぴったりのネットを見つけたら、同素材でそろえると作業効率も上がるのではないでしょうか。


農業用防虫ネットとは



 家庭菜園で有機野菜や無農薬野菜を作りたいと考えている方が、あらゆる世代で増えています。東日本大震災で起こった原子力発電所事故での放射能汚染は、食に対する関心を高めました。安全な土で化学物質を使わない野菜作りは人々の理想になっています。
 しかし、有機野菜や無農薬野菜を作るには、困難があるのが現実です。少しでも野菜作りにかかわった事のある方ならお分かりと思われますが、野菜作りは虫との戦いでもあります。虫の発生しにくい時期に合わせて野菜を栽培する方法もありますが、多くの野菜は、虫たちの生育時期と重なります。化学物質の殺虫剤を使用せずに、安全な野菜を作る為に活躍するのが防虫ネットです。
 農業用の防虫ネットは、大型のサイズから小型のサイズまでそろっていますが、虫対策の為に網目は細かいのが一般的です。防虫ネットの網目が荒いと隙間から成虫が入り込み、野菜や土の中に卵を産みつけ、思わぬ食害を引き起こします。もし芋虫類がついたら、防虫ネットが邪魔をし駆除は大変です。また、土の中で悪さをする虫として良く知られているのがコガネムシ類です。
 野菜作りの成功には、土作りが欠かせません。ウィルスに感染した土では、良い野菜の収穫は期待できません。健康な土と健康な種ならば、害虫がつきにくく、病気にも耐えられるものだからです。野菜の生育具合をみながら防虫ネットを張るタイミングを考えましょう。生育に欠かせない太陽の光をさえぎる事のないように注意する事も大切です。


トップへ